GREEN ROSE(グリーンローズ)

Breeding 仔犬の飼育について

*お迎えまでに準備するもの*

1.ケージ 

サイズ60×90㎝ 小型犬用のサイズです。

2.給水器

衛生的な状態でお水が常時飲めるようにご準備ください。

3.お皿

陶器、ステンレス

4.べット、毛布など

子犬は体を冷やさないようにしてください。
あつければ子犬が判断しベッドの外へいきます。

5.トイレトレー、シーツ

トレーはメッシュタイプがおすすめです。

6.おもちゃ

子犬は、小さめで呑み込めないサイズのもの。
月齢と好みに応じて、おもちゃも選んでください。

7.フード

基本、当店で食べているものを与え、急な変更はせず、2週間程度かけて変更しましょう。
急な変更やフード以外の食べ物は下痢やアレルギーの原因になる場合もあります。
チワワはおやつのガムやカットしたリンゴなど気道に詰まる原因によくなっていますのでお気を付けください。
フードの量が足りているのか定期的に体重測定をしてください。
成長期には増えます。
減っている場合は注意が必要です。
早めにご相談ください。

*子犬がお家にきたら*

1.仔犬は、非常にデリケートです。

2週間ぐらいは、ケージ内にてまずは、変化からのストレスで疲れた体を休ませ新しい環境へなれさせてあげましょう。
最初の1週間ぐらいは特に注意が必要でケージからはあまり出さないようにし、細かく様子は観察してください。
仔犬は食べないのが一番よくありません。
至急当店へご連絡いただき、状況によっては病院へ行ってください。

子犬

2.要求鳴きをしても構うのはよくありません。

かわいいから、鳴くからと要求に応えているとそれが癖となり、わがままな性格へとなります。
飼い主様がリーダーとして対応するには、最初が大切で必要のない要求に応えないことです。
しつけができた後からでも十分に甘やかしてあげることはできますので、鳴いても要求はきいてもらえないという事を小さなうちから教えてやってください。
そうすることで聞き分けのいい性格が形成されます。

子犬

3.人間が食べているものを子犬には与えないでください。

当店では、個体差によって違う場合もありますが、基本子犬にはフードとお水しか与えていません。
ついつい欲しがると食べているものを与えたくなります。
味も付いていますし嗜好が変わり、フードを食べなくなる原因になります。
体調を崩してフードを食べないなどまた別のケースはありますので、至急ご相談ください。

子犬

4.子犬はワクチンプログラムが完了するまでは、お散歩や外部の犬とのふれあいなどは、感染予防のため禁止です。

子犬

5.徐々に新しい環境になれ、体調も整っていき、4ヶ月ぐらいまでに社会性が身に付くといわれています。

徐々に新しい環境になれ、体調も整っていき、4ヶ月ぐらいまでに社会性が身に付くといわれています。 それまでの環境や対応が性格に影響しますので、環境になれ体調も落ち着いてきたら可能な範囲で色々な経験をさせてください。
子犬

6.ごはんは、しっかりと与えてください。

子犬

7.十分な睡眠と運動も必要です。

運動は、お部屋内にて自由運動を少しさせてあげれば大丈夫です。

子犬

☆しつけのためと落ち着ける場所として、当店ではお渡しまでにある程度の時期から1匹で過ごせるように育て、ケージ内でおトイレがほぼできるように、ひとりでも過ごせるよう夜鳴きや要求鳴きをしないように訓練します。子犬にもなるべく負担をかけない状態で、飼い主様へお渡ししています。

飼い主様の対応によっては、振出しに戻ります。可哀想でも先々のために当店からお知らせする内容でできる限りご対応お願い致します。

まずは可哀想に思えてもケージで飼育することがしつけの第一歩です。ケージを嫌がらない子は、飼育しやすく、留守中の不慮の事故を防ぐこともできますし、先々状況が変わることがあった場合でも飼育しやすいのはとても有利で、ほかのしつけにもつながります。

家族以外のみなさまからも「この子かわいいね!!」と思っていただける健康で性格のかわいい愛嬌いっぱいのワンちゃんに育ってほしいと願っています。

わからないことがございましたら
お気軽にご相談ください。

Contact - お問い合わせ -

お問い合わせはメールフォームまたはお電話よりお願いします。